Eurekapu.com

【図解】簿記3級 - 伝票会計の仕組み

伝票は、仕訳帳と同等のもの。

複式簿記である「仕訳」を仕訳帳に記録するのは、めんどうです。そんなときに「伝票」が使われたりします。
伝票は、仕訳を帳簿に記録する形式(入力フォーム)のうちの1つです。

※会計ソフトのFreeeでは、複式簿記を感じさせないように、伝票入力を採用しています。他にもFreee独自の工夫が多々あり、面白いのでどこかで紹介します

例えば、一般消費者に売上げるようなビジネスを考えてください。掛けといった信用取引ではなく、現金取引が多くなりがちです。 現金取引の場合、複式簿記 (かつ、紙面を前提にした帳簿)で記帳すると、いちいち「現金 XXX」を仕訳の貸借どちらかに毎回書かなければいけません。

このとき、出金取引には、あらかじめ仕訳の右側に「現金」勘定が記載され、入金取引のときには、あらかじめ仕訳の左側に「現金」勘定が記載されていたら便利ではないですか?

伝票(という入力フォーム)を使えば、現金取引については、「出金伝票」と「入金伝票」の2つにそれぞれ記録することで、何回も「現金」勘定と、記帳する手間を省けます(下図参照)。 現金取引以外の取引についてはすべて、仕訳帳と同じように、貸借のある「振替伝票」というものを用います。

※伝票に記入することを「起票(きひょう)」といいます。 「伝票を起こしておいて」とか、仕訳と同様に「伝票きっといて」などともいわれます。

3伝票制は、入金伝票、出金伝票、振替伝票の3つを使う。

入金伝票、出金伝票、振替伝票の3つの伝票を使うことを「 3伝票制 」といいます。
※3伝票制のほか、「5伝票制」もありますが、日商簿記3級の対象外です

「入金・出金伝票」を使えば、記帳がちょっとだけ楽になる。

上の図で明らかなように、 入金があったときに入金伝票を使えば、仕訳の左側に「現金」と記載する必要がないため、少しだけ記帳が楽になります。 出金の場合の同様です。

例1_入金取引

商品を600で売上げ、売上代金の全額を現金で受け取った」場合、 入金伝票には、「売上 600」と記入するだけです。

これは、右の仕訳と同じ意味を表します。

例2_出金取引

商品を300で仕入れ、仕入代金の全額を現金で支払った」場合、 出金伝票には、「仕入 300」と記入するだけです。

これも、右の仕訳と同じ意味を表します。

例3_現金取引以外

商品を300で仕入れ、仕入代金の全額を掛けとした」場合、 振替伝票には、仕訳帳に記録するのと同じように、貸借記入しなければなりません。

振替伝票では、記帳の手間は同じに見えますね。

例4_混在取引

商品を600で仕入れ、仕入代金のうち300を掛けとし、残額300を現金で支払った」という取引の場合はどうでしょうか。 現金取引が一部しかない場合、入出金伝票だけでは、記録ができません。 したがって、振替伝票を使いながら、うまいことと記録していきます。

2つの方法があります。結論はどちらも同じになることに注目してください。

1. 1つの取引を2つに分けて処理する方法

まず、出金部分を出金伝票で処理します。 その他の部分を振替伝票で処理します。

2. 2つの取引が同時にあったとみなして処理する方法

これはパズルみたいになります。

まず、振替伝票から起票します。ここで、買掛債務を600とみなすのがポイントです。

出金伝票では、この買掛債務をすぐさま現金300で決済したとみなして処理します。

このように、簿記はパズルみたいな考え方をすることがあります。 徐々に慣れていきましょう。

つぎは、この伝票を集計する「仕訳日計表」を確認しましょう。